読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

√66

ほぼ雑記、日記。思いついたこと、気になること、ニュース、小説、音楽、ゲームなどなどてけとーに書いていきます。

クソ凡人の松山旅行記

3連休をとった 久しぶりの連休。それも3連休だ。家にいるだけでは勿体無いが、おいそれと南国リゾートに行けるほどの財力も無い。しかし旅行とか行きたい、何処か遠くへ行ってみたい。 ということで選ばれたのが松山。 まあそもそも学生時代は松山にいたので…

汝大学生たるや?

難関大学に合格するような学生は良い学生が多いらしい どうもこんばんは、僕です(´・ω・` ) いきなりなんぞやと思うかもしれませんが、こう見えて僕は予備校で働いています。それで、よく聞くんですね、上のような話し。東大やら京大やらに行くような学生は、…

たのしいせんきょ

せーんきょせんきょ、あかるいせんきょー ということで参院選に投票してきました。若者の投票率が云々と言われてる中、いそいそと投票所の掘建小屋に向かう僕、マジ意識高いっす( ^ω^) といっても今回の参院選、僕にとって初めての投票だったんですよね。…

異文化コミュニケーションブレイクダンス

Excuse me? と、いきなり声をかけられてびっくらこいた僕です、どうもこんちは(´・ω・` ) いやあ外国人に道を尋ねられるなんてベタな展開、現実にあるもんですね。ちょっとびっくり致しましたが。 それはともかく声をかけた外国人2人組は恐らく予約したであろ…

親知らずが生えてきて

親知らずが生えてきたよ〜、怖いから歯医者にはいかない〜 怖いとかそういうのじゃなく、単純に仕事に支障が出そうで親知らずを抜けに行けていない僕です、どうもこんちは(´・ω・` ) 遥か太古からの名残りとは言え、親知らずほど迷惑なものはないですね。稀に…

事前の数秒か事後の数時間か

大学生の頃、夜明けまでゲームし続けてコンビニ行って寝るなんて生活はザラにありました。 たまにあの、街がまだ眠りについていて静まり返っている雰囲気が懐かしく思う今日この頃なわけですが いやね、出勤時間を間違えまして、ただいま現在再び家路に向か…

お給料が入ったら

お給料が入ったら、何に使いますか? こうパーっと使ってやりたいもんですが、まあそうもいかないのが現実。地道にコツコツ貯金しているという人も多いのではないでしょうか(´・ω・` ) 僕もとりあえず貯金してはいるんですが、こうやってお金を稼ぐようになっ…

先日の風呂敷をたたむ

なんとこの内容続きます... とは言ったはいいものの、若干後悔している今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 いやね、言い訳させてもらいますとね、書いてる時はノリノリだったんですよ。超ノリノリ。ところがまあ数日置いてみると全く書く気が起きな…

オンバシラァァァ

いやね、昨日のNHKスペシャルでやってた御柱祭についての番組がとても面白かったんですよ。 そもそも御柱祭自体もまあ奇妙というか、なんだか太古から脈々と受け継がれているであろう日本人の魂を揺さぶられるというか、とにかく魅力的なお祭りなわけなんで…

スマホ変えたんですよ

SoftbankのiPhone6sのCMがちょっと好きな今日この頃、皆様どうお過ごしでしょうか。このCMでかかっている曲、ググってみるとどうやらSnoh Aalegraという人のIn Your Riverという曲らしい。In Your RiverSnoh AalegraR&B/ソウル¥250provided courtesy of iTu…

雨読

本日曇天なり。 帰宅中も生憎の大雨。今朝バスに揺られながら「...今日はハーモニーのBlu-ray借りてやる...」と誓いをたてたものの豪雨には勝てず...まあぶっちゃけ忘れていたんですけどね(´・ω・` ) ハーモニーと言えば彗星の如く日本SF界に現れ、惜しくも若…

断捨離とかいうやつ

断捨離って言葉が最近急にぽっと現れて、流行っているではありませんか。 部屋が綺麗になることが困るわけではないんですが、まあその、我が家においても断捨離とかいうやつがピンポイントに流行っておりまして。ええ、うちの母上様なんですがね。 ただまあ…

月曜日からの使者

何事も始めの第一歩はだいたいノーカウント。ブログにしてもTwitterにしても、最初の投稿なんぞジャブみたいなものである。 そんなわけで、2回目の書き込み、というかブログ生活2日目、いったい何を書くのやらと思っていたら...うん、まあ今日は月曜日なんだ…

とりあえず

あれは高校生の頃、携帯電話で自分のブログというか、ホームページを作るのがやたらと流行っていた。僕はそこまで興味を持てなかったし、思い出とすれば友達のホームページに数人でコメント爆撃をして、コメント通知メールを送らせまくったことぐらいである…